CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
商品につける価格
例えば、自分でも使って気に入っている赤い古布と黒のBAG。

最初の段階では「私個人が主体」なので
自分の好みに合う赤い系統の古布を探し、
洋服などで刷れて弱くならないように全てに接着芯を貼り、
幅を揃えて色味を検討しながら慎重に合わせて
ミシンでパッチワークをします。
黒い生地は張りも強度もある布を探し当て
かっちりとしたBAGに仕上がるように
ミシンでキルティングします。

これらの仕上がりには好みもありますが
私は自分で言いなと思ったものを作って、価格をつけています。
そして、これ「が」良い!とおっしゃって頂いた方に
使って頂くのが一番の喜びです。

以前、この形、仕上がりなどを入念に見た方から
「これ、3000円にならない?」と言われました。
その方曰く、
「(同じのを作った事があるので)労力も時間もかかっているのも分かってる」
そうですが、それにお応えする言葉を全く失いました。
自分で同じ形を創った事もある方なら、
なおさら作った人に対する言葉ではないなぁと思いました。
おっしゃる価格は「半額の半額」くらいの下げ様です。
フリーマーケットの会場ではありません。
全くの新品、一点物を作って居るのです。

「そんなの、縫い賃にもならないじゃん…」

ちょっと冷静に(いや、呆れて頭が真っ白になったのも事実)
考えたりもしましたが、しばらくの沈黙の後
「じゃあ、その価格で出来るのならご自分でなさったらどうでしょう」
という言葉が喉まで出かかって、やっとの思いで押しとどめました。

その方が「なぜ安く手に入れたいか」を延々と説明なさってる間でも
私はそれに屈する気もありませんでした。
(既にもうその方に売る気も無かったのも事実ですが)
その方は「ご自分」の「時間がない」という理由で
諦めてお帰りになりました。


そのやりとりを隣のブースの方が見ていらっしゃって
「失礼よねぇ」とため息をついていらっしゃいました。
「手がかかってるんだからそんな金額で売っちゃダメよ」って言って頂いて
あらためてほっとして、我に返りました。

商品は買って頂かなくても(買って頂くのも目的ではありますが)、
私がどんな物を作っているのかを
お客様に知ってもらうだけでも良いのです。
そんな「飾り物」がお店にあっても良いんです。
そのうち、誰かが気に入ってくれる事を望んでます。

母にその話を話したら
私の想像通り「激怒」されました。
その場に母が居なくて良かった…
大喧嘩になるところです…

ちょっと愚痴になってしまいましたが
価値観の違う方との「売り買い」は無理だなぁと実感しました。

価格というのはむやみやたらにつけているのではないのです。
基本的には「ひとつしかないもの」を作りたいと思っているので
大量生産は出来ません。

どんなお客様がいらっしゃっても
それに立ち向かう信念だけは持ち続けていたいなぁ、と思います。

昨日から、一日悶々としていたのでここで告白したいと思いました。
長い文章をお読み戴いて、ありがとうございます。
| BAG | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
BAGの紹介
ひとつ目は
細い生地を延々とはぎ合わせ、
生地に仕立て直したもので作りました。

縦34cm、横38cm、
持ち手38cmで肩に掛けられる長さ。

中はちょっと大人っぽいブルーの薔薇柄で
内側にポケットが大、小の2つあります。

もうひとつは少し小さめ。

片一方が細い布をはぎ合わせた生地で
反対側はデニムのしっかりした生地です。

縦26cm、横25cm、
持ち手27cmで腕に掛けられる長さ。
本体の上部に見える生地が中まで続いています。
クラシカルな薔薇の模様が大人っぽい感じ。

もともとの素材は、
2cmくらいの細長い生地だけをまとめて売っていたもので
(商品にする時に出た、生地の切れ端の「ミミ」の部分だそうです)
作業をしていた時には、同じ色の細い生地が手に入ったのですが
その後販売店に行ってもアソートで(いろいろ)生地が入っていて
同じ生地でこれだけの量を入手することが難しくなってしまいました。
最後の手段はチェックの生地を自分で切ってみるしかありません。

使っていくうちに、いろんなところに味が出て来るBAGです。
| BAG | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事
オーダーデニムBAG
お友達が持っている形が評判を受けているようで
「同じ形で」というオーダーで受けた物です。

外はデニム地、中はバラ柄で仕上げました。
結構入る形で、持ち手は平織りのテープを使いました。


三角の「く」印の位置がしっかり見える以前好評だった形です。

中にはポケット。


底は正方形。これもちょっと可愛い感じです。


この生地がそろそろ無くなってきているので
今後の使用頻度自体では購入も検討中の生地です。
| BAG | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
小さめBAGその2
大きさがほぼ同じ物をもう一つ。

少し太めの麻テープで一本の持ち手にして
真中が開かないようにマジックテープを使っています。

上部は山形にカーブをつけました。
| BAG | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
小さめBAG
デニム地を使った、
小さめのほぼ30センチ角のマチなしバッグ。

リネンテープを取っ手にしました。
表に小さなポケット付き。
| BAG | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
アスパラBAG

先日刺繍したアスパラガスをBAGにしています。
生地がしっかりしているので重さがあっても十分耐えられそう。
生地と同系色の糸で刺繍をしたら地味になってしまいましたけど
赤が効いていてこれも良いかも、と思いました。
この生地の小BAGも一緒に持ったら…
| BAG | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
オーダーBAG麻と赤い生地
既にお渡ししたものですが喜んで頂けて私も嬉しい作品になりました。
生地はこちらで用意したものですが、素材、色なども
希望通りとおっしゃって頂けたのでほっとしました。
BAGは一度見て頂いて、修正を加えたのと同時にがま口もオーダー戴きました。





色が違って見えますが、生地はBAGと同じです。


| BAG | 14:23 | comments(3) | trackbacks(0) |
オーダー (仮アップ)
表には名前入り。


拡大したところ。



裏面の左下に、ワンポイント。


甥っ子のカニさんを気に入って頂けたので。


表は麻、中はしっかりした綿を使いました。
ファイルを入れてお持ち歩き、との事なので
裏地にはアイロンの接着芯を貼り、
しっかりしていても固くならないようにしました。
少しバランスを直して、底には板を入れる予定です。


| BAG | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
薄手のBAG
前出の、白地に赤いイラストと同じ大きさのBAGです。

大きさは同じでも生地の薄さが特徴です。生地は「持ち手の変形BAG」と同じ店で購入しました。これも共布でバイアスを作り、丁寧に作ったものです。

生地のアップ

| BAG | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
小さいBAGです

お友達から預かった生地を最大限使って、小さいBAGも!
| BAG | 16:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>